事業分野

調査・計画・設計分野

橋梁設計、橋梁点検を中心に各種の調査・計画、設計、構造物点検を実施しております。

インフラ設計

橋梁等の構造物は、建設コンサルタントによる設計後、設計図面により工事が行われます。 設計は単に図面を作成するだけではなく、安全性、景観の配慮、地質の分析、構造計算など多岐に亘った総合的な検討により行われます。 このため、専門的な知識を有し、豊富な設計経験に基づく、高度な技術が求められます。

道路設計 道路施設設計 橋梁設計

道路防災 河川砂防設計

構造物補修・補強設計 上下水道設計

橋梁設計 主な実績

玉名岱明線橋梁予備・詳細設計(H28)

宇土道路2号橋予備設計業務(H28)

熊本57号災害復旧 大津跨道橋外詳細設計(H28)

インフラ点検

我が国の道路構造物は、高度成長期に建設された構造物が約8割を占め、老朽化が大きな課題となっています。 このため、構造物の異常を早期に発見し、補修や予防保全を行うことが重要になってきました。 現在、構造物の異常を把握するため、道路管理者に定期的な点検を行うことが法律によって義務付けられています。

橋梁点検 トンネル点検 各種構造物点検

道路附属物点検

トンネル点検

3Dスキャナによる点群データと点検結果の連携により、点検結果の視覚化とともに設計に活用できます。

この3次元モデルに点検結果を属性情報として結び付け、利活用することもBIM/CIMの一環です。

調査

土質・地質調査 構造物点検・調査

地下探査 交通実態調査 環境アセスメント

計画

交通計画 道路計画

砂防計画 景観・緑地計画 施工計画

アセットマネジメント

測量分野

通常測量の外、MMS(モバイルマッピングシステム)・3D計測および加え3Dデータ解析、道路台帳附図や構造物一般図作成等も承っております。 近年はモービルマッピングによる計測が多くなりつつあります。

3D測量・計測

3D計測 MMS測量(モバイルマッピングシステム) i-constructionへ向けて3D計測の活用(PDF)1.19MB

各種測量

GNSS測量 ネットワーク型RTK-GPS測量

基準点測量 水準測量 地形測量 路線測量 

用地測量 河川測量 深浅測量・工事設計測量 

確定測量 数値地籍測量 空中写真測量 

遺跡測量 氾濫調査 

地籍測量 

各種台帳作成(道路・水道・公園・河川等)

情報技術・道路管理

道路施設の基礎データ作成、データベース構築等を実施しております。

道路管理システム

公共施設である道路や道路構造物は、国民の資産であり、重要な生活インフラです。 これらの施設を適切に管理する上において、施設の諸元や補修歴、設計図面、現況写真などのデータベース化が行われています。 施設を建設したら終わりではなく、データベースに登録し、資産管理や災害時の活用が図られています。

道路管理データ作成(国土交通省が全国で運用している道路管理データベースのデータ作成、データベース更新)

GISによる道路管理システム作成

道路施設基本データ作成

道路施設基本データ道路施設基本データ

工事完成図書の電子納品成果の一環として提出する「道路施設基本データ」の作成を承ります。(九州地方整備局管内限定)

道路施設基本データは、国土交通省が運用している道路管理データベースの基礎となるデータです。当社は、道路管理データベースに関する業務をコンスタントに受注しており、正確で品質の高い道路施設基本データを作成いたします。

道路施設調査

道路現況調査(標識、防護柵等の調査・台帳作成)

道路に関する基礎データ作成(紙台帳のデータベース化等)

インフラ管理 道路台帳作成

WEBサイト作成

WEBサイト作成

補償部門

物件調査

建設調査算定 工作物調査算定 立竹木調査算定 予備調査及び移転工法検討

事業損失算定調査

建物事業前、事後調査及び算定 道路計画 日陰調査 水質調査 振動調査

補償関連調査

事業認定申請図書作成